ジョブ調整について(2006/03/30)

北米で開催された「FINAL FANTASY XI Fan Festival 2006」でも発表いたしましたが、開発チームでは、以下の拡張方針を基に各ジョブの調整を継続して行なっていく予定です。
なお、これらの調整は一度に全ての要素が追加されるわけではありません。その内容に応じて導入時期が異なること、また検討段階にある方針ですので場合によっては、検討や調整を重ねた結果、導入を見送る場合があることをご了承ください。

戦士
戦士の特徴は「扱える武器が多様なこと」なので、今後はその特徴を伸ばす方向での変更を考えています。また、現状を鑑みた場合、戦士のサポートジョブを忍者に設定することが、とても優勢であるという事実は開発チームも認識しています。今後、「サポートジョブに忍者以外のジョブも選択できる」という状況を作っていきたいので、そうなるような調整を行ないたいと思っています。

最後に、戦士ならではの新要素として、「投擲用の斧を投げられる」ようにと考えています。これはいつになるかわかりませんが、楽しみにお待ちください。

モンク
オートアタック主体で単調になりがちな場面が多いので、臨機応変に立ち回ることができるような能力を追加したいと考えています。HPが多いのがモンクの特徴なので、例えば「パーティメンバーの最大HPを一時的にアップさせるアビリティ」など、パーティの仲間がその恩恵を受けられるような能力を追加するつもりでいます。

白魔道士
どんな状況でも回復役としての役目を生かせるような、回復以外でもパーティに貢献できる、白魔道士のみの能力を持たせられないかと考えています。例えば、「自分のHPやMPをパーティメンバーに分け与える」ようなアビリティの追加、2hアビリティ「女神の祝福」に状態異常も回復する効果の付加などの変更を検討しています。

黒魔道士
黒魔道士は結構強いジョブと認識しています。黒魔道士だけでパーティを組んでいるような状況がありますが、もっと他のジョブと組みやすい方向に持っていき、他ジョブと組むとより一層黒魔道士が引き立つような変更を考えています。またそれだけでなく、新たな魔法の追加も検討しています。どのような魔法が増えるかは楽しみにお待ちください。

赤魔道士
極めれば奥の深い、パワフルなジョブです。新たな魔法を追加したいと思っていますが、どのような効果の魔法になるかは引き続き検討が必要だと感じています。



シーフ
パーティメンバーの敵対心をコントロールするテクニカルなジョブです。自分だけではなく、パーティメンバーに有効となるようなシーフ固有の能力を考えています。また、既存アビリティ「ぬすむ」に新たな効果を付加し、絶対回避時に敵の背面から攻撃した時には、ダメージボーナスがつくようなこともできればと思っています。

ナイト
忍者と並ぶくらい、盾役としての能力を強化したいと思っています。ジョブ特性として「オートリフレシュ」、「盾発動率アップ」、さらに「盾発動時のTP増加量アップ」などを考えています。



暗黒騎士
暗黒騎士のメイン武器である両手鎌の使い勝手を改善していきたいです。また、暗黒魔法は使用状況が限られているので、もっと活用できる場面を多く作れるように工夫します。



獣使い
先日のバージョンアップで、生息域から出たモンスターは、消えた後、元の生息域に戻る仕様をいれました。それに対する皆さんの不満も理解しているので、その解消を目指します。本来持っている能力は決して低いジョブではないので急激な調整を行ないづらい部分もありますが、何かしらの調製は行なうので心配しないでください。

吟遊詩人
現状、パーティを組んでいる時に歌う歌にかなり偏りが見られますので、状況に応じて様々な歌を歌えるような多彩な方面での調整を考えています。例えば、「チョコボのマズルカ」の効果が弱いものを追加し、もう少し低いレベルで覚えられるようにする予定です。

狩人
距離によって威力が変わるという大きな変更が入った後なので、様子を見ながら調整をしていきます。しかし、大変申し訳ないのですが具体的なことはまだ決めていません。もう少しお待ちください。なお、狙い撃ち中は、距離による命中率補正の影響をカットする方向で考えています。さらに、まとめられる矢の種類はもっと増やす予定です。


TPに特化したジョブですので、TPを使うタイミングや、使い道にバリエーションをつけられればと考えています。また、新たなアビリティを修得できるようにします。現段階では、「敵のTPをダウンさせる技」の追加を考えています。



忍者
忍者はとても強いジョブであると思っています。だからといって、弱体するようなことは全く考えていません。忍者の調整は非常に難しいので、他のジョブ調整と比べて多めに時間をとってでも慎重に進めていきます。



竜騎士
前回のバージョンアップでコールワイバーンを始めとして、いくつかの変更が加わったばかりなので、現状はそのデータをとっているところです。そのため、具体的にどのようなジョブ拡張を行なっていくかの検討は、もう少し様子を見て考えていきたいと思っています。



召喚士
現状召喚士は、アビリティを使わせるときだけ召喚獣を呼んでいますが、将来的にはパーティ中ずっと呼び出し続けられるような変更を考えています。また、召喚獣のアビリティは、現状召喚士の技の効果を召喚魔法スキルに依存するように修正したいと思っています。


上記変更とは別に、召喚獣の技も増やす予定ですのでご期待ください。ちなみにバハムートを召喚獣として呼び出せるようにする予定はありません。なぜなら、バハムートは特別な召喚獣であってほしいと思っているからです。バハムートをプレイヤーが呼び出せるようにした場合、どうしても弱くせざるを得ません。従って、バハムートは今後も出さない方向で考えていますが、その点はご了承ください。この他、拡張データディスク「アトルガンの秘宝」で増えるかは確約できませんが、召喚獣は追加されるかもしれません。